忍者ブログ
  • 2018.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/06/24 01:16 】 |
九十二本目「雨に唄えば」


超有名なミュージカル映画です!

ドンとリナは恋仲にあり、結婚間近。しかしドンは、駆け出し女優のキャシーと恋に落ちてしまう。
そして、時代はサイレント映画からトーキーへ変っていました。そんな彼らの作った映画は相当にクソで、試写会での評価は最低でした。
これじゃダメだとなり絶望しますが、ドンたちは映画をミュージカルに変えてしまおうと決意する。
しかし、問題があります。なぜなら、リナの声はとてつもなく気持ち悪いのです。
ということで、リナの声はキャシーが吹き替えでやることにしたのですが、当然リナはそんなの許さない。
はたして、彼らは映画を完成されることが出来るのでしょうか!

面白かった! ミュージカルは興味ないけど、これは楽しめた。
時代を感じる映画でしたね。でも、それが更に良かった。
なんていうか、今の映画は悪い意味でくどいか、悪い意味であっさりしすぎている。
でもこの映画は爽やかに突き抜けている。アホみたいなダンスも、見ていて本当に楽しくなる。つーか、あのシンクロ率抜群のダンスは本当に凄いよね。
とことん作り上げた映画。そう感じました。最近の映画で、ここまで観た人を圧倒させる映画ってないんじゃないかな。
今の映画にはないとてつもない魅力を秘めた映画です!

拍手[0回]

PR
【2011/01/05 01:26 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<九十三本目「若き勇者たち」 | ホーム | 九十一本目「17歳のカルテ」>>
コメント
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>