忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/16 01:11 】 |
九本目「まごころを君に」



もほもほ九本目! ついにきましたよまごころを君に!
大多数の人間が「まごころを君に」で思いつくのはエヴァンゲリオン旧劇場版のタイトルでしょう!
エヴァ旧劇場版の「Air/まごころを君に」は正真正銘エヴァの最終回であります(今は新劇場版がありますけどね)。そのエヴァのタイトルは、まさしくこの映画からとられているのですっ。

ストーリーは、知的障害のチャーリーは、からだは大人でも中身は完全に子どもです。夜間学校にがんばってかよってますが、ナイトという英語もわからずじまい。パン工場で掃除の仕事をしてますが、仕事仲間にはいじめられる日々。ただ、チャーリーはいじめられていることすらわかりません。それは一種の幸せかもしれませんが。
そしてチャーリーはいつも通っている病院でアルジャーノンというネズミを紹介されます。医者に、アルジャーノンは迷路を走ってエサのところまでいく。チャーリーは同じ迷路の図面をペンでたどっていく。先にゴールに行ったほうが勝ち。そういうゲームの実権をやらされます。
しかしチャーリーは何度やってもアルジャーノンに勝てない。ぼくはバカだと自暴自棄になる。
そんなある日チャーリーは能手術をうけ、人一倍高い能みそを得ます。最初は変化がなかったのですが、チャーリーはどんどん頭がよくなっていきます。
パン工場の人達にからかわれて「パンの機械でパンを作ってみろ」と言われます。みんなはどうせ出来ないだろうと思っていたのですが、チャーリーはあっさりと機械を使いパンを作ります。
しかし、それで逆ギレしたパン工場の人にクビになれます。
頭が良くなれば友達ともっと仲良くできると思っていましたが、いじめられていたことに気づき、そして頭が良くなるとクビにもなってしまう。チャーリーは悩みます。
しかし、お世話になっていた学校の女教師と恋が成就し、頭脳はどんどん良くなり、もう誰も追いつけないほどの脳を得ます。このままいけば幸せになれるはずでした。
しかし、チャーリーは知ってしまいます。自分と同じ手術をうけていたアルジャーノンが死んでいたことを。つまり、自分の知能の発達は一時的なもので、いつか元の知能に退化してしまうと。
そしてチャーリーの実験結果を医者が学会で写真つきで発表します。チャーリーは、学会でとんでもないことを言ってしまう。
やがて、チャーリーはもとの状態に戻ります。小さな子ども達にまじってシーソーをするような大人に。

面白かった! ちなみにこれは「アルジャーノンに花束を」という小説を映画化したものです。かなり有名な作品ですよね。名前だけなら俺も知ってました。そういえば数年前に日本でドラマ化してやってましたね。ネズミを迷路で走らせるシーンが頭に残ってます。ドラマはクソだったけど。
知能を発達させる手術がどういうものか。また、それを学会で発表するなんてなにごとだとか、いろいろなことを考えさせられる映画です。
知能が発達すれば良いことだらけのはずだったのに、人間の汚いところがたくさんみえていき、苦しいことが増えていく。その矛盾や汚い人間を生々しく描いています。
なんかね、良いシーンが多すぎるんですよ。レストランでコップを落としてしまって笑われている店員(この店員ってパン工場の人だっけ?)を、笑わずにコップをひろってあげたり。
自分が退化していくときの、迷路を走り回るチャーリーとかね。
ただ一つ言うとしたら、女教師が心変わりした意味がさっぱりわからなかったです。あれ、何があったの?
ところで、後半その女教師との楽しい時間を送っているシーンで、花がアップになったりするシーンあるじゃないですか。今更だけど、あれってエヴァのまごころを君にで似たようなシーンありましたね。庵野監督はあのシーンを真似しようとしたんでしょうか? それはちょっと考えすぎ?
とにかく、人というものをよく考えさせられる作品です。これはオススメ!

拍手[0回]

PR
【2010/05/24 00:09 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<十本目「ソイレント・グリーン」 | ホーム | 八本目「禁じられた遊び」>>
コメント
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>