忍者ブログ
  • 2018.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/05/24 03:13 】 |
九十五本目「プライベートソルジャー」


プライベート・ライアンじゃないよ! 邦題はクソですけど、原題は全く違う意味ですので。

第二次世界大戦末期、アメリカはドイツとベルギーの国境で激しい戦いを繰り広げていました。
ノルマンディー上陸作戦で連合国の圧倒的有利と言われている中、中枢国であるドイツは徹底抗戦の構え。
それが有名なヒュルトゲンの森の戦いです。
ジャングルの中での極限の戦い。歩兵部隊中心のアメリカに、ドイツは少人数ながらも大砲で反撃。
果てしない地上戦を生き抜こうとする男達のおはなしです。

案外面白かった。最初と最後のシーンが良かったから救われたって感じもあるけど。
なんというか、派手な戦闘シーンで魅せるというよりも、戦争という状況を通じて「心理」を徹底的に描いた戦争映画だと思います。
作戦とか、細かいところが本当によく描かれている。
ストレートにくるというよりは、じわじわくる戦争映画ですね。にしてもアメリカちょいと弱すぎない?

拍手[0回]

PR
【2011/01/12 23:23 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<九十六本目「ヘルライド」 | ホーム | 九十四本目「フェティッシュ」>>
コメント
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>