忍者ブログ
  • 2018.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/08/17 03:38 】 |
九十一本目「17歳のカルテ」


スザンナは人とちょっと違う雰囲気の女の子。
彼女は、ある日自殺未遂を犯してしまう。ついに業を煮やした両親はスザンナを精神病院に入院させる。
どうして私が精神病なの? そんな気持ちを抱いていたスザンナは、かなり刺激のあるリサという女の子に出会う。
リサとの出会い。そして、どこかおかしい人間との出会い。病院での毎日は辛く、過酷で、残酷です。
でもその中で、輝くものがきっと見つかるはず。スザンナは、大人になります。
カッコーの巣の中でを彷彿とさせる、イカした青春映画です!

アンジェリーナ・ジョリーの演技がヤバイ。超演技が自然でうまいんだよね。
他の出演者の演技もうまくて、とても良い映画になっていました。飾らない青春、希望なんてない人生。でも、みんな希望を求めている。
しかし、けっきょくはみんな精神病院にいるんですよね。普通じゃない。
本当の普通ってなんでしょうか。彼女たちからしたら、ほとんどの人間が普通で、ほとんどの人間が精神病なのかもしれません。

拍手[0回]

PR
【2011/01/05 01:20 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<九十二本目「雨に唄えば」 | ホーム | 九十本目「プラトーン」>>
コメント
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>