忍者ブログ
  • 2018.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/08/17 03:38 】 |
六十八本目「地球が静止する日」


ニューヨークに、とつぜん謎の球体とロボットがあらわれます。
ついに宇宙からの使者がきたのです。使者の名はクラトゥ。
アメリカは対策チームをたてますが、兵器の攻撃はロボットに効かない。そして地球が静止する日は刻々と近づいていく。
クラトゥに触れることが出来るのはたった二人の人間だけ。
しかし、人間達は地球の危機になってもなお、互いの意見ですれ違う。
果たして、地球は救われるのか……。

俺はこういう映画大嫌いなので見ないんですが、好き嫌いしないで観てみました。
まぁ、なんか、こういう物語もいいんじゃないでしょうか。どうも宇宙人がかめはめ波みたいなのうったりしてると萎えるけど、人間としての繋がりとか、意外にもテーマ性は良くてしっかりしてました。
地球がぶっ壊れるとか、そういうの好きな人にはお勧め出来るんじゃないかな。

拍手[0回]

PR
【2010/10/11 00:23 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<六十九本目「メメント」 | ホーム | 六十七本目「エコール」>>
コメント
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>