忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/09/26 08:48 】 |
四十三本目「過去のない男」


これはすげぇ面白い!
フィンランドの映画で、カンヌなどの大きな賞をたくさんとった映画です。
この映画は、自分で作品を作るにあたってとても参考になりますよ。

とある男が、暴漢にバットで殴られて記憶を失います。その男は病院を抜け出して見知らぬ土地にふらふらとたどり着く。
男は記憶も金もなにもない。でも、親切な家族に助けられ、彼はその家族が住んでいる土地で過ごすことにします。
といっても住んでいる場所はボロいコンテナ。とても貧乏な生活を送り、救世軍から食べ物の配給をうける日々。
名前も身分証もなく、働くこともできない。
そんなある日、男は救世軍の女に恋をします。
彼の過去はどんな風だったのかはずっと分からないまま。でも男は過去のない人生を、新しい人間と共に過ごすのです。

いやぁ、これは面白いです!
べつに凄いストーリーでもないし、どんでん返しだって特にない。
記憶喪失の話だと。「実はこんな過去があったんだ! な、なんだってー!」って感じのストーリー多いけど、そんなことはありません。ただ、奥さんがいて、奥さんとは喧嘩して離婚した事実があるだけ。
で、とにかくこの映画はセリフが最高なんです! カッコいいというかうまいというかやりとりが本当に凄い。
この映画は絶対に見るべきです! まさにこれが映画でしょう。
音楽もよかったです。とても完成された作品です。

拍手[0回]

PR
【2010/08/17 22:39 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<四十四本目「氷の微笑」 | ホーム | 四十二本目「ある日どこかで」>>
コメント
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>