忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/16 01:12 】 |
三十三本目「サンシャイン・クリーニング」



最近とても疲れてます。もともと痩せてるのに更に痩せました。
この映画は、とっても軽い気持ちで観られる良い映画でした!
姉のローズはシングルマザーで、しっかりと自立して真面目に生きていますが、妹のノラは無職でだらしない性格をしています。
ローズは不倫をしていますし、ノラは無職なので当然先が見えない。でも、そこまでの不幸もなく過ごしています。
でもある日、ローズの息子は問題ばかり起こすせいで、学校に障害とみなされ激怒して、私立の学校に入れることにしますが、私立にいかせるお金なんてありません。
そこで、ローズは不倫相手から死体現場の清掃員の仕事を紹介されます。
最初は渋々やっていたローズですが、次第にやる気を出し、家族を巻き込んだ大騒動に発展します。

コミカルで、楽しんで観ることが出来ました。
シリアスな展開だろうが死体現場を掃除しているシーンだろうが、空気読めよって思うほどに楽しげな音楽が流れるのが印象的でした。
だって、壁一面に大量の血がべっとりくっついているのに、明るい音楽と共に、まるで自分の家を大掃除しているかのような雰囲気で流れるんですから。
でも、死体現場の清掃員をやり、ついには個人で事業を立ち上げたのが全ての元凶。いろんなことが落ちていき、成功のための道が不幸への道になるのです。
その展開が面白かったかなぁ。欠落→回復→どん底へ→ラストで明るい未来が見える。みたいな感じで。
そしてこの映画の最大の魅力はおじいちゃんでしょう! 孫への優しさと教育が素晴らしいですし、ラストもおじいちゃんあってのことでしょう!
授業中眠くなるか? 窓から空を眺めたくなるか? よしお前は賢い!

おじいちゃんがカッコ良すぎです。

拍手[0回]

PR
【2010/08/04 01:57 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<三十四本目「ダークナイト」 | ホーム | 三十二本目「大人は判ってくれない」>>
コメント
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>