忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/09/26 08:48 】 |
二十九本目「少年は虹を渡る ハロルドとモード」


むはむは二十九本目!
このアマゾンのリンクにあるDVDはアメリカのやつなのでご注意を。

これは面白かったですね!
主人公のハロルドは、自殺するふりをするのが趣味で、いつも母親の前で死んだふりをします。しかし母親は慣れているので、首を吊ろうが何をしようが気にしない。
そしてハロルドは、赤の他人の葬式に出席することが大好きです。いつも顔も何も知らない故人の葬式に出席しています。
そんなある日、赤の他人の葬式で、モードというばあさんに会います。モードもハロルドと同じく赤の他人の葬式に出るのが大好きです。
それからハロルドとモードの恋が始まります。
モードは警察の車を警官の目の前で盗んで走り出したり、車の上に木をのっけて走るなど無鉄砲なおばさんです。ハロルドはそんなモードに轢かれていき、ついに結婚する。
しかし、結婚する日になって、モードは自殺をしてしまうのです。

良いですね、この映画は。
ハロルドが自殺するふりをするのは、子どものころ大怪我をしたときに、母親が死んだと勘違いして、それがとても嬉しかったからなんです。
そして八十歳という年齢にこだわり、その年齢に達した日、結婚した日に死んでいくモードも、色々考えさせられます。
自殺するふり、赤の他人の葬式。それに青年とおばあさんの恋が重なり合い、深い物語になっています。
ちょっと変わった青春という感じで、いろいろ参考になりました。

拍手[0回]

PR
【2010/07/28 02:24 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<三十本目「3時10分 決断のとき」 | ホーム | 二十八本目「昨日・今日・明日」>>
コメント
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>